2010年04月13日

千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)

 千葉県いすみ市の大原海水浴場の砂浜で4日、衰弱したオットセイが打ち上げられているのを近くの人が発見した。同市から連絡を受けた鴨川シーワールド(鴨川市東町)によると、群れからはぐれて海岸まで迷い込んだとみられ、同館職員に保護された。

 打ち上げられていたのはキタオットセイのメスで、体長約1メートル、体重約33キロ。同館で飼育しながら体力の回復を待ち、海に帰す予定。キタオットセイは主に洋上で生活し、春先には南房総の海岸でも確認されることがあるという。

【関連記事】
スルメ何人分? 全長3・4メートルの巨大イカ、新潟に漂着
■写真でみる■ 異変?カタクチイワシ数十万匹 九十九里浜に打ち上げられる
オットセイ「とよちゃん」死ぬ 水族館が保護、回復せず
福井の海岸に熱帯ウミガメ 研究者「生態解明」に期待
九十九里浜に打ち上げられたクジラ死ぬ
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

控訴の可能性検討=「沖縄密約」判決で外相(時事通信)
「出会い系」利用料詐欺、5人逮捕…被害2億円(読売新聞)
阪大、京大がワースト10に=東大46位−初の経営効率ランク(時事通信)
知的障害者 和太鼓集団が全国公演に意欲 でも資金不足(毎日新聞)
のり食べる生活に適応=日本人の腸内細菌群−消化遺伝子取り込む・仏大学(時事通信)
posted by カナヤ ケンジ at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。