2010年03月31日

ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け−消費者庁(時事通信)

 自動車のアクセルペダルがフロアマットに引っかかったことが原因で、暴走事故が国内外で起きている問題で、消費者庁と国民生活センターは30日、市販のマットにアクセル操作に影響を及ぼすものがあり、国産車にもマットの固定が不十分な車種があったとの調査結果を発表した。
 同庁は自動車業界などに、同時に踏んだ場合、アクセルよりもブレーキを優先して暴走を防ぐ機能を搭載するよう求めるとともに、カー用品業界にもマット構造の改善を要請した。 

【関連ニュース】
輸入食品の検査を強化=中毒事件受け、情報一元化も
化粧品「NYX」で措置命令=原産国を誤表示
子供向けアクセサリーから鉛検出=誤飲注意、呼び掛けも
食品安全庁を設置へ=国民の安心重視
こんにゃくゼリー対策で初会合=死亡事故多発受け

子ども手当法が成立=民主主要施策で初、6月から支給(時事通信)
<死体遺棄>工事現場に男性埋めた疑い、20歳男逮捕 茨城(毎日新聞)
予備費で追加経済対策策定へ=学校耐震化などに2兆円−政府(時事通信)
<海難審判>明石海峡での衝突 受審人3人に業務停止の裁決(毎日新聞)
首相 小林氏処遇で朝令暮改 処分検討→自身で判断(産経新聞)
posted by カナヤ ケンジ at 01:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。