2010年04月24日

酒気帯びでタクシーと衝突 運転の男逮捕(産経新聞)

 17日午前4時すぎ、大阪市生野区勝山南の市道交差点で、信号無視した乗用車を生野署のパトカーが発見し追跡。乗用車は約2キロ先の国道交差点でタクシーと衝突して止まった。運転者の男からアルコール分が検出されたため、生野署は道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで同区新今里、とび職、竹内哲也容疑者(46)を現行犯逮捕。衝突されたタクシー運転手(46)は首を打撲し入院した。

【関連記事】
酒気帯び容疑で自衛官逮捕
織田信成が結婚!中学同級生と交際5年
飲酒運転容疑で神奈川県議を逮捕 
女児ら3人はねられ重軽傷 大阪・高槻、飲酒運転の77歳を現行犯逮捕
飲酒運転の小学校教頭を停職6月 熊本県教育委員会
外国人地方参政権問題に一石

午前0時の販売に長蛇の列 村上春樹さんの「1Q84 BOOK3」(産経新聞)
開成山野球場リニューアルオープン=福島県郡山市〔地域〕(時事通信)
歩道を暴走のクルマ、歩行者を次々にはねる…薬物中毒か(レスポンス)
「本当は二大政党の発展が…」福岡知事、新党ブームを批判(産経新聞)
<雑記帳>ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)
posted by カナヤ ケンジ at 17:33| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

40歳でゲーム漬け…ひきこもりも高齢化 人格固まり抜け出せず(産経新聞)

 10代の子供を持つ親の悩みに応えようと約20年前に設立された「中卒・中退の子どもをもつ親のネットワーク」(事務局・大阪府枚方市)の会合に近年、20代から40代のひきこもりの子供を持つ老齢の親の参加が増えている。親の年金に頼る高齢ひきこもりは、生活保護予備軍とも言われるが、学校などを通じて状況が把握しやすい若年層と異なり、実態はあまり明らかになっていない。「どうしたらよいのか」。家族たちは途方に暮れている。

 大阪市北区の公共施設。4月初旬、ひきこもりの子供を抱える親ら6人が集まった。「家ではゲームばかり。反抗期のままずっといる感じやね」。60代女性がそう打ち明けると、別の女性も「うちもそう。12歳で時間が止まってしまった」とうなずいた。

 会合は月に2回。当初は中卒や高校中退の人らの職を考える場として始まったが最近は、20歳以上のひきこもりを持つ親が目立つ。

 60代女性の30代長男は高校卒業後、通信会社の作業員として働くが「自分一人で昼ご飯を食べるのが嫌」と、周囲とのコミュニケーションが取れなくなったことをきっかけに、次第にゲームに夢中になり部屋にこもるようになった。

 ひきこもり状態は8年。無気力で親が部屋に入っても怒ることはない。「将来どうするの」と尋ねても「いつでも働きに行ける」と言うだけだ。

 長年にわたって会員の悩みの聞き役を務めてきたネットワークの世話人代表(67)の家庭でも、予期せぬことに、40代の長男が昨年から突然ひきこもりになったという。

 機械設備の検査員として約20年間働いたが景気悪化の影響もあって昨年3月に解雇。部屋に入ったきり、ほとんど外に出なくなった。食事は自分で用意しているが、米と塩昆布だけの日も。「口に入れるものがあれば何でもいい」というその日暮らしの生活だ。

 長男を家から追い出して自立を促すことも考えているが「一人暮らしをしても、どこかで餓死してしまうかも」と途方に暮れる。

 大阪府が今年度からひきこもりの支援ネットワークをつくるなど、ひきこもりの支援策は広がりつつあるが、支援の対象者は実態が把握しやすい学生が中心。高齢ひきこもりへの支援策はほとんどない。

 代表は「中学生や高校生ならやり直せるが、20歳を超えると人格が固まってしまい、なかなか抜け出すことはできない。先が見えなくて真っ暗闇だ」と話していた。

【関連記事】
津川雅彦、ひきこもり青年の祖父役に挑戦
“労働信仰”の危うさ ひきこもり、親が死んだら「自殺」
大阪府、ひきこもり学生支援のモデル事業に着手へ
大学生「ひきこもり」100人に1人? 神戸女学院大グループ調査
市橋容疑者“ニセひきこもり”の実態とは
外国人地方参政権問題に一石

<雑記帳>龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎(毎日新聞)
<労働者派遣法>改正案が衆院で審議入り 野党から懸念意見(毎日新聞)
宝塚音楽学校 タカラジェンヌ卵たちが第一歩…入学式(毎日新聞)
「レセプト査定率」の支部間格差、厚労省が実態調査へ(医療介護CBニュース)
家庭の省エネ診断 訪問やネットでお気軽に(産経新聞)
posted by カナヤ ケンジ at 03:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

千葉・大原海水浴場でオットセイ保護(産経新聞)

 千葉県いすみ市の大原海水浴場の砂浜で4日、衰弱したオットセイが打ち上げられているのを近くの人が発見した。同市から連絡を受けた鴨川シーワールド(鴨川市東町)によると、群れからはぐれて海岸まで迷い込んだとみられ、同館職員に保護された。

 打ち上げられていたのはキタオットセイのメスで、体長約1メートル、体重約33キロ。同館で飼育しながら体力の回復を待ち、海に帰す予定。キタオットセイは主に洋上で生活し、春先には南房総の海岸でも確認されることがあるという。

【関連記事】
スルメ何人分? 全長3・4メートルの巨大イカ、新潟に漂着
■写真でみる■ 異変?カタクチイワシ数十万匹 九十九里浜に打ち上げられる
オットセイ「とよちゃん」死ぬ 水族館が保護、回復せず
福井の海岸に熱帯ウミガメ 研究者「生態解明」に期待
九十九里浜に打ち上げられたクジラ死ぬ
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

控訴の可能性検討=「沖縄密約」判決で外相(時事通信)
「出会い系」利用料詐欺、5人逮捕…被害2億円(読売新聞)
阪大、京大がワースト10に=東大46位−初の経営効率ランク(時事通信)
知的障害者 和太鼓集団が全国公演に意欲 でも資金不足(毎日新聞)
のり食べる生活に適応=日本人の腸内細菌群−消化遺伝子取り込む・仏大学(時事通信)
posted by カナヤ ケンジ at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。