2010年03月18日

陸自の商標権を侵害?埼玉県県警が採用ポスター回収(産経新聞)

 埼玉県警は17日、平成22年度採用試験のポスターなどに使われた「守りたい『ひと』がいる。」というキャッチコピーが陸上自衛隊の商標権を侵害しているおそれがあるとして、ポスターなど約2万枚の回収を始めた。

 問題になっているのは、「明日のために。未来のために。守りたい「ひと」がいる。」というキャッチコピー。陸上自衛隊が13年、キャッチコピー「守りたい人がいる」を商標登録していたため、類似して商標権の侵害にあたるおそれがあるという。

 県警によると、21年度採用試験のポスターなどにも同コピーが使われており、昨年秋に行われた22年度採用試験のポスターの企画コンペでも、複数の企業が草案に同コピーを挙げていた。コンペの結果、広告代理店「毎日コミュニケーション」の草案を採用し、同社と協議を重ねコピーの使用を決めた。ポスターは3月中旬から、JRなどの駅構内や電車の中づり広告、県内の警察施設内などに掲示されていた。

 このコピーを使用するにあたって、同社法務担当が商標権の侵害にあたるかを確認したほか、県警も特許庁のホームページを利用して調べ、商標権の侵害に当たらないと判断した。

 県警は「確認ができなくて遺憾である。法令違反のおそれもあるので、自主的に回収していく」とコメントした。

【関連記事】
イケメン現職警察官がモデル、銀行に等身大の防犯パネル
応募者5年ぶり増加 宮城県警採用試験 年齢引き上げの効果
宇宙飛行士の若田さん、非行防止ポスターに登場
「運転すっから絶対酒飲まねぇかんな!」ガッツ石松ポスター登場
ポスターに落書き 公選法違反容疑で新聞配達員の男逮捕

<世界の富豪>「グリー」の田中社長が仲間入り(毎日新聞)
一票の格差「憲法上好ましいものではない」 東京高裁 (産経新聞)
雑記帳 豊後水道の魚は“億ション”暮らし 大分・津久見(毎日新聞)
鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
「おもちゃドクター」全国で活躍中 安全に配慮、子供の夢つなぐ(産経新聞)
posted by カナヤ ケンジ at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

ホーム火災避難、地域との連携なしには困難(読売新聞)

 「深夜に火事が起きたら、自分1人で入居者9人全員を避難させることができるのか。正直不安です」

 岡山県内の認知症高齢者グループホームの女性施設長(33)はそう語る。職員は施設長を含めて7人。入居者9人はほとんど寝たきり状態で、車いすの移動介助が欠かせない。

 少人数の家庭的な雰囲気が認知症ケアに適しているため、グループホームの入居人数は5〜9人が基本。国の基準では、入居者9人に対し1人以上の夜勤職員配置を義務づけている。岡山県の女性施設長の施設では、日中に職員を3〜4人配置すると、夜勤は1人が限界。火災時には職員に電話で応援を頼み、部屋のベランダなどから1人ずつ避難させるというマニュアルはあるものの、「認知症の人は普段と違うことが起きるとかなり動揺する。誘導は相当難しいはず」という。

 一方、東京都内でグループホームを運営するNPO法人代表(62)は「体調が特に悪い入居者がいない限り、夜間なら9人の入居者を職員1人で世話することはできる。2人以上配置しても、火災時に職員だけで寝たきりの人を避難させることは難しい」と話す。ホームでは、地域住民をイベントに招いて入居者の様子を知ってもらったり、近所の消防団長に万一の時の相談をしたりしており、「地域の力を借りられるよう日頃から付き合うことが重要」と強調する。

 認知症の高齢者が暮らすグループホームは介護報酬と入居者からの居住費・食費などで運営されている。介護保険が始まった00年から08年までに施設数は約14倍の約9300か所、利用者数は約24倍の13万人以上になった。認知症高齢者は現在の208万人から30年には353万人まで増えるとされ、グループホームのニーズはさらに高まる。

 特別養護老人ホームは自治体や社会福祉法人などにしか開設できないが、グループホームは民間企業やNPO法人などでも参入可能だ。国の調査では、グループホームの事業者の半分以上は民間。1人あたりの居室面積の基準も4・5畳と、ケアハウス(13畳)や特養(個室の場合8畳)より狭く、民家や会社の寮などの改修で開設できることも増えた原因とみられる。(社会保障部 野口博文、社会部 木下吏)

 グループホーム=認知症の高齢者向け施設として、1980年代の北欧スウェーデンで発祥。認知症の高齢者を施設に隔離・強制収容する考えから脱却する過程での試行錯誤から生まれた。少人数で家庭的な環境の中、24時間ケアを受ける手法は、症状の重度化を防ぐ効果があるとされる。日本では90年代に導入され、97年度の制度化や2000年の介護保険制度発足を経て急増した。

カード詐欺の疑いで韓国籍の主犯格逮捕(産経新聞)
HPVワクチン接種、公費助成「決定」はわずか−全国自治体アンケート(医療介護CBニュース)
弁護士預かりの6800万円着服=容疑で元事務員の社長再逮捕−警視庁(時事通信)
皇太子さま、ケニア入り(時事通信)
二審も監査法人の責任認める=東北文化学園大の補助金事件−仙台高裁(時事通信)
posted by カナヤ ケンジ at 06:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。